いよいよ抜け毛の季節である秋に入ってきました。

 

秋は抜け毛の季節ですがみなさんは変化が出てきていますでしょうか?

 

夏に受けた紫外線のダメージが蓄積して秋にそのダメージが解放されます。

 

夏にきちんと紫外線対策をしていた人であれば秋にごっそり抜け毛が出てくる心配はありませんが何もしなかった、もしくは日傘くらいしかしていなかったという人は注意が必要ですよ。

 

ここで紫外線というのがどれくらい人間に悪影響を及ぼすのかをお話します。

 

紫外線というのはある程度は必要なのですが、必要以上に受け続けると体に悪影響を及ぼします。

 

分かりやすいのがしみですよね。

 

通常紫外線に当たると肌は焼けて黒くなりますが、新陳代謝によってまたもとの肌に戻ります。

 

しかし歳をとっていくと完全には元に戻らなくなり、紫外線によるダメージはシミと言う形で肌に残ってしまいます。

 

さらに多くの紫外線を受けると皮膚がんとして体にダメージを与え続けるくらい紫外線と言うのは強力な放射線なんですよ。

 

そんな紫外線、頭皮に与える影響も大きいのは当たり前。

 

夏の強力な紫外線が頭皮に当たることで頭皮はどんどん弱体化していきます。

 

年齢に比例して弱体化の度合いも大きいです。

 

新陳代謝が悪くなるのですから当たり前と言えますね。

 

頭皮が弱っていった結果、秋になると髪の毛を維持できずに抜けていくんです。

 

ですから夏はなるべく紫外線を浴びないようにしないといけません。

 

ちなみに紫外線と言うのは日傘があればよいというものでもなく、2重3重に対策が必要です。

 

なぜなら紫外線は貫通して頭皮に当たるからですよ。

 

もちろん日傘によりある程度は紫外線の量は減りますから日傘は十分に効果を発揮しています。

 

それでも紫外線の影響を受けるのですから、ご自宅での頭皮ケアがかなり大切になってくるんです。

 

みなさんは何か頭皮のケアをしていますか?

 

夏はとくに頭皮のケアをしておかないと将来髪の毛が薄くなってもう元に戻すことができなくなる可能性だってあるんです。

 

しっかりと頭皮ケアをしてダメージを負った頭皮を回復してあげましょう。

 

私はしっかりと育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリを使って対策をしています。

 

また夏は髪の毛を束ねたりしないようにしましょう。

 

髪の毛を束ねて結ぶと常に髪の毛は引っ張られている状態にあります。

 

頭皮が弱っている状態でコレをすると秋にごっそり抜け毛が増える原因になりますから。

 

また冷たいものは極力控えましょう。

 

冷たいものを食べたり飲んだりすると新陳代謝が悪くなるのでコレも頭皮に悪影響を及ぼします。

 

まだ間に合いますのでしっかりと頭皮ケアをして秋の抜け毛を防ぎましょう。